体験型シアター

私たちの「はてしない物語」

こども&おとな 参加者募集!

〜Die unendliche Geschichte〜


↓参加したい人は、ぽちり↓


「はてしない物語」

 

今、手に取ってページをめくっているこの赤い表紙の本こそ「はてしない物語」そのもの。

そう気づいた時のワクワクを覚えていませんか?


ミヒャエル・エンデの物語をインスピレーションに、私たちの「はてしない物語」を創作するプロジェクトがスタートします。

正解のない創作の中で、思考力の養成や自発性を引き出し、記憶に残る知識や応用力を育てていく。
そんなワークショップ10回を重ね、作品を創作して上演します。



「はてしない物語」体験型シアター


◎事業の目的
子どもたちが、文化芸術を通して相互理解を深め、自己発見すること。
人と人が支え合う協働作業と創作過程で異世代、異文化の交流が生まれ、多角的に物事を捉える力を育むことを目的としています。その先、持続可能な共生社会を支える「協働」のできるコミュニケーション能力を持った人材を育てることにも繋がると考えています。

 
◎プログラム

①こども&おとな、参加者&表現者も一緒になって、「はてしない物語」を読み解きます。
私たちにとってどのような物語か、私だったらどうするか等の正解のない答えを探します。
自分自身の言葉、自分自身の語りを体験します。

②皆で台本を創作


③皆で美術(パペットや大道具に小道具)を創作


④演じる・スタッフワークの練習


⑤発表上演

 

◎募集人数
 子ども・中高生・おとな合わせて20名ほど

 

◎対象年齢
 6歳以上(年長さんは、お問い合わせください。)

参加費(全12回)

 小学生以下:10,000円
    中高生:7,000円
 おとな:10,000円


主催・企画製作:Utervision Japan
助成:子どもゆめ基金
共催:公益財団法人北区文化振興財団


↓参加したい人は、ぽちり↓


★スケジュール★

2021年7月18日(日)〜10月31日(日)

①7月18日(日)10:00~12:30

 自他を受け入れるワーク・「はてしない物語」の断片を知る・ディスカッション

 講師:佐次えりな・橋本知久・Cuタツヤ

 

②7月25日(日)10:00~12:30

 「はてしない物語」ディスカッション・物語を語る・私たちの「はてしない物語」台本創作

 講師:佐次えりな・橋本知久・Cuタツヤ

 

③8月1日(日)10:00~12:30

 私たちの「はてしない物語」ディスカッション・演じる

 講師:Cuタツヤ・佐次えりな

 

④8月8日(日)10:00~12:30

  上演に必要な小道具、美術、パペットを触る決める

 講師:佐次えりな・橋本知久

 

⑤8月29日(日)10:00~12:30

 美術創作

 講師:佐次えりな

 

⑥9月5日(日)10:00~12:30

 美術創作

 講師:佐次えりな

 

⑦9月12日(日)10:00~12:30

 美術創作と音楽(テーマ曲を作曲する)

 講師:太田豊・佐次えりな

 

◉「予備日」9月26日(日)10:00~12:30

 

⑧10月10日(日)10:00~12:30

 リハーサル

 講師:佐次えりな・橋本知久

 

⑨10月17日(日)10:00~12:30

 リハーサル

 講師:佐次えりな・橋本知久・Cuタツヤ

 

◉「予備日」10月23日(土)13:30~16:00

 

⑩10月24日(日)10:00~12:30

 リハーサル

 講師:佐次えりな・橋本知久・Cuタツヤ

 

❶10月30日(土)午前中準備
 13:00~リハーサル・本番15:30~

❷10月31日(日)午前中リハーサル
 本番13:30~


★講師たち★

◉佐次えりな(Utervision Company Japan)

蜷川幸雄の舞台を中心に俳優活動を重ねた後、芸術集団「Utervision Company Japan」を設立し、日・仏・東南アジアを中心に海外で作品を発表。フィギュア・シアターを取り入れ、身体表現とパペットを組み合わせた独特の作風を確立する。ロシア芸術功労家レオニード・アニシモフに師事し、スタニスラフスキーシステムを学ぶ。チェコ国立芸術アカデミーDAMU講師、沢則行に人形デザインを教わる。また、Sandglass Theaterで舞台芸術および人形操作をEric Bossに師事。2013年より、創作ワークショップ「種のアトリエ」をスタートし、経験を問わず、あらゆる年齢の参加者を対象に創作の楽しみを伝える。2015年にこの活動を法人化し、「特定非営利活動法人 種のアトリエ」を設立。2017年福井県ハーモニーホールふくい「シンドバッドの冒険」を演出し、19名の小学生と共に作品を創作し大劇場にて上演。ベトナム、タイ、台湾、ラオス、シンガポール、ブルネイ、香港では人形遣いだけでなく教職員に向けてのワークショップ講師を務め、参加者は3,000名を超える。2015年よりAPEX (ASEAN Puppet Exchange) に参加し、ASEAN諸国のアーティストと共同創作活動をスタート。2016年秋から品川区で「子どものためのパペットシアター」をオープンし、上演活動を続けている。 

2018年4月より、東京都北区文化芸術活動拠点「ココキタ・レジデンスアーティスト」として活動開始。社会におけるシアターの存在価値を改めて模索すると共に、作品創作だけでなく表現者の育成にも力を入れている。2019年には、ルーマニアのヤシ劇場から招聘、またネパールでの共同創作をスタートし、「シシルバサンタ」「シェルロッティ」をネパールの劇場で創作上演。2020年10月、コロナ禍の中での上演活動や、舞台芸術のあり方を模索し、映像のための上演作品「銀河鉄道の夜」「仮設の架設」を発表。また、建物から見下ろす観劇スタイルにも挑戦し、北区文化振興財団との共催で、巨大パペットと光のパフォーマンス「河童」を発表。

 

◉橋本知久(TOPA)

YoubeYou株式会社ファウンダー創造と学び(Creative Learning)を軸に活動している。
1981年名古屋生まれ。愛知県立芸術大学作曲専攻卒。在学中にEARTH MOVEを創設し、分野を横断するアートプロジェクトを実施。ハーグ王立音楽院と、ロッテルダム・ダンス・アカデミーCodartsで作曲とダンスを学び、修士課程を修了。作品はオランダ、アメリカをはじめ国内外で上演されている。
2012年帰国後は世田谷パブリックシアター、豊中市立文化芸術センターなど全国の文化施設や教育機関等でワークショップや参加型プロジェクトを展開。また大学や幼保園などでの教育活動も行っており、これまでに愛知県立芸術大学、弘前大学にて非常勤講師。現在、正和学園ゲストティーチャーを務める。2016年Coaching O-liveを設立。ライフコーチとして、感性と心理を結ぶ独自の手法で、個人セッションや、グループワーク、写真ツールPoints of You®を使ったコミュニケーション研修や組織開発を提供している。2019年より教育トークライブ「風をおこそう」を全国で開催。持続可能でより良い社会を残すため、2020年4月よりYoubeYou株式会社に参画。世界一子どもが幸せな国、オランダでの子育て経験を持つ二児の父親。

https://tomohisa-hashimoto.mystrikingly.com/ 

 

◉Cュタツヤ 

振付師 / 即興舞踊 / ワークショップ / 俳優 / 動画クリエーター / 60憶人プロジェクト

1987年9月1日生まれ。新潟県佐渡島出身。宮城大学デザイン建築専攻。 

振付師として、PV「MOFU MOFU☆DOGS」が、PRアワードアジア2017金賞、国際PR協会GWAにて2部門トップ賞と、神奈川県「RESPECT DAP-ともに生きる社会かながわ憲章」が、スイスGolden Award of Montreux 2020ファイナリスト選出。ダンサーとして、バスクリン「きき湯、ココロの歌 e−sports」篇 主役、エプソンTVCM「pulsense」主役で出演。俳優として「Benza English」イタリアONIROS映画賞ベストアンサンブル賞。振付アシスタントをしたダイワハウスCM「ベトナムにも篇」では、2013ACCゴールド賞を受賞。これまでに、CM・映画・MVの振付・出演など100本以上に関わる。 

4年間わたりに東京大学教育学部「創造性の心理学」や「身体の創造性の実践」などでゲストアーティストや講師をつとめる。美術館(駒場博物館)や水族館(池袋サンシャイン水族館)にてダンスと融合させた新たなスタイルのワークショップを手掛ける。

◉太田豊(音楽家・雅楽演奏家)

幼少の頃より音楽に親しみ、東京芸術大学邦楽科で雅楽を学ぶ。雅楽演奏家として笛・琵琶・左舞を専門として国内外での公演に出演。笛、左舞を元宮内庁式部職楽部首席楽長安齋省吾氏に師事する。またジャズサックス奏者として「渋さ知らズ」に参加し、CDの録音や2度のヨーロッパツアー(99年8カ国23公演、02年2カ国4公演)、FUJI ROCK FES等に出演する。

2002年脱退以後、音楽家として様々な楽器や物を用いて舞台芸術、TVドラマ、CMのための音楽を制作し、仏具「おりん」によるJR高岡駅発車音の作曲など、その活動は「伝統と前衛」、「和と洋」のハザマに立ち、多岐に渡る。 Utervisionでは、旗揚げ公演「Utou」より「観世音」「マイサンシャイン」(小池Ver. と三浦Ver.)「モニュメントのある街」、「In The Woods Beneath Cherry Blossoms in Full Bloom ~桜森満開下~」「Le petit roi」「東京/The human figure」「Ango/桜」「アダムとイヴ、私の犯罪学」「箪笥 ~She is Gone〜」「くだんの件」「サイとシア/浮彫」等のUtervision作品の音楽を担当している。

 

ナビゲーター
◉久保島麻子

俳優・人形遣い(Utervision Company  Japan)

桐朋学園短期大学部演劇専攻卒業。卒業後、舞台を中心に活動。

2005年より劇団燐光群に所属。国内外で21作品に出演。退団後、人形操作を開始。国内外の人形フェスティバルや公演、イベントに参加。

2014年よりUtervisionの作品を支える重要な人形遣い、俳優として活躍中。

 

◉髙橋慧

俳優(Utervision Company  Japan)

日本工学院専門学校 声優演劇科卒業

JOKO演劇学校卒業

2018年よりUtervisionの作品に参加し、唯一無二の表現者を目指す。

開催場所

東京都北区豊島5-3-13

東京都北区文化芸術活動拠点ココキタ 



過去の活動イメージ